[アウトレットと中古パソコン けっこう安い。]のイオシス
GoogleAd

【 #号外 】新元号「令和」に… #万葉集 の「初春令月、氣淑風和」を採用。今年2019年5月1日から令和元年になる予定【 #令和 】

トレンド
この記事は約2分で読めます。
GoogleAd
2+

出典元:

令和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
令和 - Wikipedia

 

令和(れいわ)は日本元号の一つ。平成の次の元号で日本最初の元号とされる大化以降248番目の元号[1]。平成は今上天皇退位により2019年(平成31年)4月30日をもって終了し、皇太子徳仁親王即位する2019年5月1日から令和元年となる予定。日本の憲政史上では初の退位に伴う皇位継承による改元となる。

万葉集巻五梅花の歌三十二首序文』を典拠とする[1][2]。確認される限りにおいて初めて漢籍ではなく日本の古典から選定された[1]

西暦2019年(本年)は、4月30日までが平成31年で5月1日から令和元年になる予定で、2つの元号に跨る年となる。本項で公的に日本国内で令和が使用される時代(令和時代)についても記述する。

 

GoogleAd

典拠

万葉集』の「巻五 梅花の歌三十二首并せて序」を出典とする[8]。原文および書き下し文、題詞は次の通り。

原文

初春月、氣淑風、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。

書き下し文

初春の月にして、気淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。

 

 


 

 

追記・加筆予定。

 

2+

コメント

タイトルとURLをコピーしました